The X-man blog

ザ・ばってんマンのブログ
2017/04≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山岳耐久レースレポ

北丹沢12時間山岳耐久レースに出場してきました。
初参加のレースでしたがトレールランレースというより
「山岳耐久レース」という言葉がピッタリくるタフなレースで
特に今回は晴れたり曇ったり暴風雨になったりと天候にもめぐまれ
ゴールした時には「無事に帰りついた・・」という感じでした。

土曜日、仕事を終え家に帰り着いたのが午前1時過ぎ
早く寝たいところだが、ひと月ぶりの早朝スイムで
肩、背中、お尻まで筋肉疲労だったのでシャワーではなくお風呂に入り解す事にした。
で、軽く食事をとり2時半に就寝・・

で、4時起床
おにぎりを食べ、4:38始発に乗り渋谷駅から新宿、高尾と乗り換えて藤野駅まで
6:14着、送迎バスで会場へ
会場は「緑の休暇村」という場所で、駅から20分程度で到着
既にスタート15分前で、直ぐに受付を済ませゼッケンと計測チップを付け
スタート地点へ
もちろん既に長蛇の列なので後方からスタート
タイムは1分程度遅れてのスタートになったがその後すぐの林道の上りで渋滞、ゆっくり歩く。
おそらく前列でスタートするかこの位置とでは、この上りで10分以上の差がついたのではないかと思う。
その後約9km地点「神ノ川キャンプ場」までの一般道の下りで100人ほど抜きさった。
で、今度は山道を15km地点までの約6kmで約900mも上る
1~2kmは急斜面があり山に慣れているかいないか登り方で体力の消耗も違ってくる。
15km地点から18km地点(第1関門)「神ノ川ヒュッテ」までは一気に800mの下りで何人か抜く事ができた。
「神ノ川ヒュッテ」でキャメルバックに1リットルほど水の補給とバナナと頂き
また420mの上り、距離は3kmほどだがガレ場も多く早歩きは出来ても走るのには気を使う箇所が所々ある。
少し小雨がパラつき始め、約21km地点「日陰沢原頭」標高1000mへ
やっと半分くらい来たのかと思うとこの先が不安・・
ここから29km地点(第2関門)「神ノ川園地」まで約8km一般道を下る。
本格的に雨も降り始めた
ここで20人程抜きほぼ同じペースの3人で抜きつ抜かれついいペースだったが、靴に小石が入ってしまったので一旦止まり靴を脱いで小石を取った
また履こうとした瞬間、右腸腰筋が攣り靴が履けなくなってしまった;;;
履いてしまえば歩けるのだが踵まで手が届かない、結局何人かに抜き返された。
数分後やっと治まり第2関門で水を頂き山道の上りへ
ここから約35km地点「姫次」までは斜度がキツい所が多くほぼ登山といった感じだが
普通の登山ではなく土砂降りのため山道は小川と化してしまい、沢歩きに近いものがあった。
いよいよ痙攣も酷くなり脛の筋肉まで攣ってしまったのでここで後続の人たちに先に行ってもらい一歩一歩上る。
補給もトップテンは既に飲みきりパワージェルも2つ飲み、残り2つになっていた。
何とかなると思いパワージェルを1つだけ残し上り続けてるとやっと尾根道へ
すると酷い暴風雨で「ウヒョヒョ~!」状態
まさに名前の通り「風巻の頭」1077mである
流石にランでは速い人たちも悪戦苦闘で滑って完全に腰が引けている
やっと痙攣も治まったので時々他の選手サポートしながらパスしていった。
「姫次」1433mへ、お水が用意してあった。
少し前から雨も上がったが殆どガスの中、キャメルバックの中は既に空になっていて喉はカラカラだったが後続の選手たちの分も必要なのでお水は一杯だけにして残り8kmの下りへ
だが、また痙攣し始めたので切株へ腰掛け最後の1個パワージェルを飲み
ちょっと休憩~流石に凹んだ「早く帰りたい・・・」
5分ほど座ってたが寒し座っててもあちこち痛いので歩き出した。
でも、ここで走らなければ参加した意味が無い
で、走ってみると意外に歩いたりジョグしてる方が痛いのに気付く
何とかまたペースをつかみ走ることが出来た。
残り5kmからしばらくは急激な坂で危ない箇所が続く、何度か転けそうになった。
正直、後続の他の選手が心配になるほどのコースコンディションだった。
足下がぬかるんで滑るので踏ん張る!と、脚が攣る・・
2回ほど木にしがみついて「ア~ウッ!クゥ~」吠えていた。
その難所を抜けるとやっと林道になり駆け下りる
何とかまた10人ほど抜き返す事が出来た。
林道が終わり一般道へ出ると会場のアナウンスが聞こえてきた
「もうすぐゴールですよ~!がんばって!」と近所のおばちゃん達
ゴールが近いことが分かり「無事で帰れて良かった~」とおもった

参考までに
43.86km / time 6:54:02 /156位でした。

いやはやいっぱいいっぱいのレースで満足でした

そんなこんなでスタートから写真どころではなかったので文章だけ・・

で、その後、会場内の温泉へ(選手は無料)
一仕事終え、生を感じる瞬間「ふぅ~」
湯槽につかり見渡すと大浴場にゴッツイ男、ゴッツイオヤジの背筋が並んでる。
「・・・・;」
上には上がいる事が分かった。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://xman.blog58.fc2.com/tb.php/85-b79c11c3
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。