The X-man blog

ザ・ばってんマンのブログ
2017/06≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アルプス3日目

4:00 起床
天気は昨日までとは違い素晴しい天気でした。

4:30 朝食


R0012094.jpg4:45
食事後、暫し日の出を撮影

R0012098.jpg
富士山も見えます。


R0012100.jpg
農鳥小屋と農鳥岳

5:20 
みんなに挨拶してお先に農鳥小屋を出発

向かったのは、昨日進めなかった三国平
すれ違ったパーティーも気になるし
ガスで見えなかった熊ノ平小屋の位置を把握しておきたいし



R0012107.jpg5:35
左上が三峰岳
山の中腹に真っ直ぐ横に延びるのが三国平への巻き道です。
んん~昨日通った道とは思えない・・
もっと尾根に近いアップダウンがある道だと思ったのですが

R0012108_convert_20090723093911.jpg
貴重な水場です。顔や手を洗って水も700ml満タン



R0012113.jpg6:20
三国平です。
昨日はここで苦しめられていたのですが・・・
何と!熊ノ平のハイマツの樹林帯まですぐではないか・・
ガスと雨と風が重なるとこんなルートでさえ難所になるのか
と改めて自然の力の大きさを実感

どうやら昨日のパーティーは無事に辿り着いてたみたいでした。


R0012116_convert_20090723095648.jpg7:00
三峰岳山頂、右の尾根が間ノ岳から北岳へ続く尾根
左上が間ノ岳、真ん中奥に出てる頭が北岳です。
今日は、この尾根を走ります。


R0012117_convert_20090723100103.jpg
左に見えるのが昨日来たルート
仙丈ヶ岳から延びる仙塩尾根です。
鹿、猿、熊、てん・・と会えます。(たぶん)



R0012124.jpg9:00
北岳山頂です。流石に空気が薄い
直ぐに息が上がりバテ気味。

この後、草すべりを下り、白根御池小屋へ
急な坂で左足を痛めてしまったので
小屋からは広河原まで歩いて行く事にしました。

11:30
バス停到着。
甲府行きのバスは12:30発だったので1時間ほど服を乾かして帰りました。

流石に今回は、充実感はなく
目的の半分しか進めなかったという結果と、あの天候で先に進んだという自分の判断ミスと
どうしようもない矛盾した苛立ちで少し凹んでましたが、
今は次回につながる良い経験だったと思うようになりました。

ビバークこそ出来ませんでしたが、暴風雨での対処
装備など見直す事ができました。

そしてラジオは必需品だと再確認しました。
熊よけ、ひとり淋しいとき、気象情報など・・・
特に、いつ回復するのか分からない天気の中
進むか、ビバークするかの判断は情報がなくては無理
小屋が開いてる時間に通過すれば聞けるのでしょうが・・

もう一度、勉強し直します。




スポンサーサイト

コメント

わーぃ夏山だ!!北岳だ、向こうに見えるのは甲斐駒だ!!

下界にいると分からないけど、しっかり雪も融けて夏山ですなぁ・・。

トムラウシもそうだったけれど、遭難するような天気の翌日は天気いいんだよね。

今回はみみさんが一緒でなくてよかった!?
今度は、お2人で初秋の頃にでも再度チャレンジされてみては?

小屋の主によっては、トレイルランナーを白い目で見る人がまだまだ多いと思うので、「そら見たことか!?」といわれないようにお互い気をつけましょう!!
でもまぁ、ご無事で何より・・。

★峰さん

そうですね、晴れてれば最高です!
小屋のおじさんは、
「この時期、一日だけでも晴れたら良しとしないと!」
と言ってました。

本当は、9月連休にチャレンジしたいところですが、信越五岳もあるので来年チャンスを見つけてでしょうかね。

地図と天気図の読み方、もう一度勉強し直してます!

コメントの投稿


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。