The X-man blog

ザ・ばってんマンのブログ
2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森の蒸溜所 『白州蒸溜所』

一週間も前の話しですが・・

白州蒸溜所(1973創業)甲斐駒ケ岳の麓へ行って来ました。

P7060020.jpg
P7060024.jpg
上は旧蒸溜釜とその奥はコンサートととかも行われる大ステージ

先ずは一通りの蒸留所の歴史や敷地面積などの説明があった後
いよいよ見学へ
P7060026.jpg

上はグリスト・ミルといわれる粉砕器(イギリス製)
大麦麦芽を粉にしてグリストにし下の割合に仕上げるそうです。

P7060027.jpg

因に原料の二条大麦から作られるモルト(大麦麦芽)は
スコットランドにある専用のモルティング施設で作られたものを
輸入してるそうです。

P7060028.jpg
これはマッシュタンといわれる糖化槽
グリストと温水を混ぜてこの中で糖化させる容器です。

中を覗くと・・
P7060029.jpg
近代的で効率よく混ぜる事が出来ます

(この中でランニング練習したら速くなれそう・・)


下はウォッシュバック(発酵槽)、先ほどの麦汁に酵母を加えて発酵させる容器です。
発酵は大体40~50時間
P7060031.jpg

木製です。木桶の発酵槽は今は珍しいそうですが
これが乳酸菌に働きが良くてウイスキー造りの発酵には適してるそうです

P7060032.jpg

上は発酵する前か後か・・?聞き忘れました(^^;
下は発酵中!

P7060033.jpg

あっち~!(><;;;・・・サウナに居るみたい!
ここは蒸溜釜が並ぶ所
P7060034.jpg

直火での蒸溜が特徴
右が初溜釜、左が再溜釜です。

P7060037.jpg

釜の中はこんな感じ (@0@)

その後、バスでちょっと移動してリチャーの現場へ
P7060043.jpg
一度使った樽を再利用する為にまた焼きを入れるところです。

P7060039.jpg
バーナーで焼きます。ウイスキーが残ってるのでアッという間に
火がまわり・・
P7060041.jpg
スゴい事に・・
P7060042.jpg

で、杓一杯のお水で鎮火させます
どうやら掛けた水はアッという間に水蒸気になり
それで窒息状態で消えるそうです。


最後に貯蔵庫へ

P7060045.jpg
ここは、オーナーズカスクの貯蔵庫で奥はテイスティングルーム
になってます。

1樽50万円~
高いのは1000万円くらいだったかな?

因に樽ですが白州はホッグスヘッド(バーボン樽として使用した樽(バレル)を
一旦解体して大きめの樽に造り替えた樽)が一番多く使われているそうです。





最後に質問で
国産のウイスキーは何故高いのか?と言う質問があったが
これは、原料、樽、蒸溜釜など殆どが輸入によって出来ているという事と
歴史が浅いため研究と設備投資にお金が掛かってるとの事
最近では運送費も高くなり
それにより残念ながら高くなる事はあっても安くは成らないだろうとのこと

確かに残念!ですが、研究があり設備投資がなければ今の日本のウイスキーは
無いのだから仕方ない事ですね。。。





スポンサーサイト

コメント

3回も行きました。
あの辺は、バイクに乗りたくなる坂ばかりですよね。

>MARUちゃん

いいところだよね!
そうね、バイクで行って飲んでのんびりしたいね!

東京よりは少しは涼しいでしょ

コメントの投稿


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。