The X-man blog

ザ・ばってんマンのブログ
2017/08≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高尾山でのトレイルランニングについて

もちろん個人的な意見ですが

今回も、高尾山で集団(20人くらいかな?)トレイルランしていた人達がいました。
あるイベントだとは思いますが
大きな声でハイカーに「通りまーす」と声をかけてはいたけど
集団で走って降りて来ていたので
これにはハイカーの人達もビックリしてました。

人が多い所では極力ペースを下げた方がいいのではないかと
思いますが・・・

最近は、ゆっくり走っているとハイカーの方から
「どうぞ!がんばってください」と道を譲ってくれます。
そんなトレイルランニングに理解あるハイカーも多くなってきました。

高尾山にはバードウォッチングされてる方々もいます。

「トレイルランニングの連中は邪魔だ」

とは言われたくはないものです

ハイカーもランナーも多い高尾山なので
これからのトレラン練習会は人数やマナーなど、
もう少し考えて行った方がいいように思いました。

このまま集団での練習会が多くなると
ロッカーもトレイルランナーが占領するような事に成りますし
今まで理解してくれていたハイカーもいい思いをしなくなるかも
しれません。

今がハイシーズンでたまたま多いのかもしれませんが
トレイルランナーがいつまでも気持ちよく走れる環境
を続けていきたいものです。


山ではほとんどのハイカーや登山の方が挨拶をします。
良いことだと思います。

(集団の人が挨拶しないという意味ではありません)

せめて目が合った人や道を譲ってくれた方に挨拶できる
そんなゆとりある『トレイルランナー』でありたいと願います。





スポンサーサイト

コメント

ウォークvsラン

今回100キロ・ウォークに参加して、初めて国立公園内は走っちゃいけないもの(マナーとして?)だということを知りました。 トレイルラン等の経験者がサポーターにいて、以前、箱根で50キロのトレイルランニングレースがあったのだけれど、多くの選手が登山道を走る関係で、登山道を超えて走った人が多買った為に、2回目以降が中止になった、、、と言う話を聞きました。 新たなトレイルが付くと、みんながそこを歩くようになるので、一気に生態系を崩すことになるため中止になったと言う見解でした。

確かに、自分はトレイルランは(まだ)やりませんが、狭い山道を歩いている時にいきなりランナーが後ろから迫ってきたりしたら、ちょっと嫌かもしれませんね。

でも、そんな事が、頭にすっと入ってくるようになったのも、今回の経験の賜物。  本当に良い経験をしたと思います。

あ、でもIMJ、、、練習不足だぁ、、、

全く同感です。7月のドロンコMANもコンセプトにも、そのような根本的な気持ちは根付かせたいなぁと感じております。

>hiroさん

コメントありがとうございます。
トレイルの世界に片足突っ込まれたみたいですね。
ジャパン終わったらのんびり山走りに行きませんか?

IMJ頑張ってください!


>Georgeさん

どろんこMANはレース&ボランティアで参加させて頂きます。
どうぞよろしくお願いします!

今回のこの高尾の問題ですが、少し前までは考えもしなかった事でした。

一人一人の意識の問題なので、先ずは自分や仲間たちで出来る事からコツコツやって行きたいと思ってます。

コメントの投稿


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。