The X-man blog

ザ・ばってんマンのブログ
2017/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセツネへの想い

今回、お亡くなりに成られた方がいました。
事故の内容は現場にいたわけではないので正確には分かりません。
が、何らかの原因で滑落されたようです。
亡くなられた方は40歳の男性で冬のアルプスも経験されている方だとか・・
自分から見ると山ヤ、山の仲間です。

自分は以前、山に張り付いていた頃
単独行が多く、どうしても単独で登れないルートや不安が多いルートなどはプロのガイドに頼み一緒に登ってもらっていました。
安全の為、勉強の為です。そのガイドの方はおそらくガイドの中で最も厳しい方でした。
いつも、スピード重視で、のんびりした登攀なんか無かったです。
何故かというと、それが安全に繋がるからだそうです。
自分もそう思います。
タラタラしてては、危険な所を通過するのにもリスクが高く成るし、いつ天候が崩れるか分かりません。
登山には体力(スピードと持久力)と技術と精神力が必要とされます。

桁外れの心肺機能の持ち主であった、長谷川恒男とはどういう人だったのでしょう?

真っ暗な中、山を走っていると少し長谷川さんに近づけたような気がしました。



今回お亡くなりに成った方、おそらくは、この大会の為にトレーニング
を積んで来られ、大会に参加される事を楽しみにされていたと思います。

その事を考えますと非常に残念です。

ハセツネだけでなく山に入る事は常に危険と隣り合わせです。
いつ自分が同じような目に合うか、家族を悲しませるような事になるかわかりません。
ステージが山岳である以上、また、チャレンジ精神の持ち主である以上
その危険は付いてまわるものと覚悟しています。
またそれを回避する為に努力するものだと

リタイアした時にサポートして頂いたボランティアの方々にお礼を
と思い大会の掲示板を開いたのですが・・・



やれ、大会趣旨が違う!

もうでてない!

自分は・・・・だ!などという書き込みがありました。

本当に亡くなった方の気持ちを考えての事なら
この大会をもっと大切に考えて頂きたい

次回、こんなことが起きないようにどうするべきかを



お亡くなりになった同士のご冥福をお祈りいたします。


m(v v)m


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ハセツネお疲れ様でした。
久々の休日が台風の影響でインドア(涙)
自分も掲示板を覗きましたが、気分が悪くなりました。
なんだか悲しいですね。。。

初コメントです。酔っぱらった勢いです。私の正体は「相方」に聞いてください。ハセツネのスタートの時に遠くからちらっと拝見しました。ハセツネはいわゆる山やとランナーが参加しています。もともとは山やの大会だったのですが、ランナーが侵入してきて、新しいジャンル、トレイルランが出来たのだと思います。ランナーは山やの常識を知りません。トレイルランの常識を作る必要があるのでしょう。

考えさせられますね。

とにかく、お疲れ様でしたm(_ _)m。

自分も、何かの機会に出てみたいです^^。

ありがとうございます

>BUNさん

台風の日アタシもインドアで久しぶりにエアロバイクでした。
ハセツネもおわりそろそろバイクも乗り始めようと思います。
来年のレースはどれにしよう・・・気が早いかな?
でも、今週末はまた山遊びです!


>kanrekiさん

はじめまして、相方がいつもお世話になっております。
今後も相方共々宜しくお願いします!

そうですね。カモシカ走からトレイルランへ
言葉も変わり競技人口も随分多くなりました。
これからのスポーツですから、出る側も企画する側もいろんな勉強が必要だとおもいます。
自分もまだまだ始めたばかりの人間ですが
知らない方やこれから始めようと思ってる方に、少しでも気にかけてもらえれば幸いだと思って書いております。

書き込みありがとうございます。
お会いできるを楽しみにしております。


>911さん

書き込みありがとうございます。
初めての書き込みですよね?
何方様でしょう(・・)?
ハセツネ不完全燃焼だったので
取り合えず、横浜マラソンで憂晴らしします。
いつになったら、完全燃焼できるレースが出来る事やら・・
来年もがんばります。

長谷川恒男さん

ほんと、死亡事故の件残念で仕方ありませんね。。。
今回の事故でいろいろ考えるところがありまして、結果、この大会の起源である長谷川恒男さんってどういう人だったんだろう?という思いにかられて、居ても立っても居られず、「北壁に舞う」という長谷川さんのDVDを取り寄せて見てみました。
ひとことで言うなら「カッコいい!!!」
想像以上に厳しい条件下の冬山で、壁のような斜面をよじ登る姿、
すばらしいものでした!
ハセツネコースがお遊びのように思えました。
長谷川さんはきっと並外れた体力の持ち主だったんだんだろうな~
ハセツネコースでトレーニングを重ねたという恒男さんの姿を、思わず想像してしまいました。

今度は長谷川さんの著書でも読んでみたいと思っています。

え~っ!

それは見た事が無い!


ので、

アタシも今ネットで買ってしまいました!

(^^;

楽しみだなぁ~!



コメントの投稿


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。