The X-man blog

ザ・ばってんマンのブログ
2009/06≪ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2009/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘタれた。

ハセツネ第一関門、浅間峠~つるつる温泉までのつもりで
出かけたのですが・・
R0012132.jpg
先週の疲れも残ってたみたいだし、
昨日の飲み過ぎも祟って、走り始めて2時間で脱水状態・・・

R0012134.jpg

多めに持って行ってたお水もアッと言う間に残り300mlほど

R0012137.jpg
三頭山で缶コーヒーとドーナッツ食べてちょっとは復活したものの
鞘口峠をパスして風張峠へ向かう途中フラフラに
そして頭痛と吐き気まで・・

「こりゃ無理だ~」と
残りの水を飲み干して戻り
都民の森へ下りました。

水道で頭を洗ってお腹いっぱい水を飲んだら大分良くなったので一安心
バス待ちでしばらく休んでたけど距離は21kmしか走れてなかったので
数馬の湯まで駆け下りる事に

下っていると、都民の森で会った親切なトレイルランナーの方が
車を止めて
「どこまで行くの?乗せて行ってあげるよ!」
と声をかけて頂きましたが、まだ走れそうだったので
お気持ちだけ頂いて走って下りる事に
「じゃ気を付けて!」と親切なお言葉
どなたか存じ上げませんが、ありがとうございました。
(どっかの大会でお会いした事はあるのですが・・)
R0012138.jpg
5kmほどで数馬の湯へ
しかし、コレが良くなかったみたい。
やっぱ暑過ぎ!

R0012139.jpg
も~しんどいの顔

温泉に入り、水風呂に入るとスッキリ!
しかし、その後頭痛が・・

R0012140.jpg
吉祥寺に着く頃ようやく食欲も戻り
駅ビルで冷麺とビビンバのセットを食べました。

しかし、未だ不調です。。。
麦酒が飲めない!




スポンサーサイト

熱中症

今日は奥多摩へ
ガッツリ走るつもりで来たのに、途中でふらふら
ヤバかった~暑すぎです。
まだ頭痛いです…

南アルプス3日目

4:00 起床
天気は昨日までとは違い素晴しい天気でした。

4:30 朝食


R0012094.jpg4:45
食事後、暫し日の出を撮影

R0012098.jpg
富士山も見えます。


R0012100.jpg
農鳥小屋と農鳥岳

5:20 
みんなに挨拶してお先に農鳥小屋を出発

向かったのは、昨日進めなかった三国平
すれ違ったパーティーも気になるし
ガスで見えなかった熊ノ平小屋の位置を把握しておきたいし



R0012107.jpg5:35
左上が三峰岳
山の中腹に真っ直ぐ横に延びるのが三国平への巻き道です。
んん~昨日通った道とは思えない・・
もっと尾根に近いアップダウンがある道だと思ったのですが

R0012108_convert_20090723093911.jpg
貴重な水場です。顔や手を洗って水も700ml満タン



R0012113.jpg6:20
三国平です。
昨日はここで苦しめられていたのですが・・・
何と!熊ノ平のハイマツの樹林帯まですぐではないか・・
ガスと雨と風が重なるとこんなルートでさえ難所になるのか
と改めて自然の力の大きさを実感

どうやら昨日のパーティーは無事に辿り着いてたみたいでした。


R0012116_convert_20090723095648.jpg7:00
三峰岳山頂、右の尾根が間ノ岳から北岳へ続く尾根
左上が間ノ岳、真ん中奥に出てる頭が北岳です。
今日は、この尾根を走ります。


R0012117_convert_20090723100103.jpg
左に見えるのが昨日来たルート
仙丈ヶ岳から延びる仙塩尾根です。
鹿、猿、熊、てん・・と会えます。(たぶん)



R0012124.jpg9:00
北岳山頂です。流石に空気が薄い
直ぐに息が上がりバテ気味。

この後、草すべりを下り、白根御池小屋へ
急な坂で左足を痛めてしまったので
小屋からは広河原まで歩いて行く事にしました。

11:30
バス停到着。
甲府行きのバスは12:30発だったので1時間ほど服を乾かして帰りました。

流石に今回は、充実感はなく
目的の半分しか進めなかったという結果と、あの天候で先に進んだという自分の判断ミスと
どうしようもない矛盾した苛立ちで少し凹んでましたが、
今は次回につながる良い経験だったと思うようになりました。

ビバークこそ出来ませんでしたが、暴風雨での対処
装備など見直す事ができました。

そしてラジオは必需品だと再確認しました。
熊よけ、ひとり淋しいとき、気象情報など・・・
特に、いつ回復するのか分からない天気の中
進むか、ビバークするかの判断は情報がなくては無理
小屋が開いてる時間に通過すれば聞けるのでしょうが・・

もう一度、勉強し直します。




南アルプス2日目

3:30
R0012068.jpg
起床、朝ご飯は・・
パワージェルとコーヒーだけ・・トホホ


4:05
薄明かりの中、松峰小屋を出発
直ぐにガスが出来て雨もパラパラ


5:00
R0012069.jpg
ガスが濃くなり、この日もピンクテープに何度も助けられました。


6:30
R0012080.jpg
地蔵尾根、稜線に出ると凄い暴風
こりゃ~今日は辛い日に成りそう


7:00
R0012082.jpg
ピンクテープ
これは、TJAR出場の飯島選手の皆への応援メッセージ
このテープのおかげで選手みんなが助けられたといってましたが
アタシもリアルにその事を感じる事が出来ました。
ありがとうございます。

このピンクテープの前はもうすぐ仙丈ヶ岳?
R0012084.jpg
でも、目の前の景色はガスで全く見えません!

7:20くらいかな?
ガスと雨と風の中、仙丈小屋に到着
カップヌードル食べて水を補給して直ぐに出発

8:00
仙丈ヶ岳山頂を通過、仙塩尾根へ
山頂付近には何人か居たがこのさき仙塩尾根では人に会うことは無かった

会ったのは、とテン

熊には流石にビビった~

直ぐ横で鳴き声がしたとき、鹿ではないことが分かったが
振り返ると黒い固まりがゴソゴソ
そしてまた鳴き声!
距離は数メートル横
間違いない!熊牧場やテレビで聞いた声だった。

焦らずゆっくりと、50mくらい息を殺して離れホッとしたのは束の間
今度は小熊の鳴き声が直ぐ横で・・
小熊の姿は見えなかったがこれも直ぐ側だったので
流石に今度は小走りで逃げた。

どうやら2匹はお互いを探していたらしく
動いてる気配がしたので声で呼びかけたのでしょう。。

恐かったぁ~


9:40
R0012087.jpg
仙塩尾根の樹林帯
この日、唯一気持ちよく走ることが出来た場所でした。


三峰岳へ
風も強まりガスと暴風雨で写真どころではなかったです。
先に進むのが精一杯で、このときばかりはストックではなくてピッケルが欲しかったくらいでした。

正直どう来たのか・・ガスと風のせいもあり景色も見えないのでハッキリ覚えてません。
ただココを越えれば小屋が近いはずと
熊ノ平小屋に避難する事だけを考えて進んでました。

風はほぼ右から西からの風で普通は尾根の左に入ると風は止んで少しは休憩出来るのですが
この尾根は全く違って左からは突き上げるような風でとても休憩どころか
地図を広げる事さえ出来なかったくらいです。

何とか三峰岳を越え三国平まで下りて来たものの
ここが最悪の難所でした。

いつの間にか雨はあられか?
と思うほど大粒な雨に変わり直接顔に当たると痛くてたまりません。
エアーガンで撃たれっぱなしのような感じでした。
風も強さが増して明らかに天候が悪化して行くのが分かりました。
時間は1時半くらいだったでしょうか・・

地形のせいか、ここでは一瞬も風が弱まることが無く
目の前に分岐がありますが、この先の熊ノ平小屋まで全く進めません。
しばらくの間しゃがみ込んで耐えてましたが、雨があまりにも痛いので
横のハイマツの中へ逃げ込みました。
15分くらいは動けず横に寝そべってましたが、
カッパの中もビショビショで体温も奪われ始めてきたので
この時ばかりは、こりゃヤバいかも・・・と思いました。

ご飯もろくに食べてないし・・

三峰岳を先に進んできた事を後悔しましたが
しかし、とても戻る気にはなりません。

弱くなる気配もないので立ち上がって元の稜線の位置までもどりまた進み始めますが
踏ん張りが足りなくて飛ばされゴロリ、這って進めば行けない事も無いのですが
ガスの為に2~30mしか視界がなくどこまで進めばいいか分かりません。

目の前の分岐には真っ直ぐが熊ノ平小屋、左が農鳥小屋と書いてあり
もちろん熊ノ平小屋が近いのですがここは諦めて左に抜けて農鳥小屋に
避難する事に・・・このまま進めば遭難すると思いました。

左に折れ農鳥小屋に進みますが、ここも雨は弱いものの
相変わらずの強風です。

歩いてるとすぐに4人のパーティーに会いました。
彼らも熊ノ平小屋に向かってましたが
とても真っ直ぐ歩く事ができないから戻った方がいい事を伝え
最後に「まぁ、みんなでよく考えて」とだけ言って
先に進む事に

小屋までは全く気が抜けるところがなく何度か飛ばされかけてましたが
何とか農鳥小屋に着く事が出来ました。
時間はもう3時過ぎだったと思いますが

小屋には7人ほど人がいました。
挨拶して服を脱ぎながら色々と話しをしましたが
TJARの事を知ってる人もいて
「じゃ外に泊まらないと!」
茶化されながらも笑えることが本当に嬉しかったくらいでした。

着替えた後、ストーブの側で体を温めてましたが
30分くらいは震えが止まりませんでした。

この小屋のおじさんは、厳しい人で小屋を仕切ってましたが
ラジオを持って来てる人が何時から気象情報が流れるの?と聞いていると
「地元の気象情報が何時から流れるかぐらい把握して来ないと。まぁ~持って来てるだけでもいいか!最近は持って来ない人も入るし!」
そしてそのまま続けて
「天気図くらいは書けた方がいい、読めるだけだとちゃんとは理解出来ない人が多い」


おっしゃる通りです。

今回は深く反省しました。
いつしか初心を忘れてました。

4時半から食事でしたがこのとき
アルバイトの学生さんが書いた天気図が渡されました。

「うちの小屋じゃ書かせてるんだ、他ではあまりやってないかもしれないが、
あんた読めそうだから」

と、

しばらく眺めてましたが、予想天気図ではないので明日がどうなる事やら・・
あ~全く持って情けない・・。

今回、三国平では自惚れへの天罰か、と思いましたが
どうやら神様が教えてくれた赤信号だったのかもしれません。


出発前、峰さんから
「全国のトレイルランナーの運命を背負っているぐらいの心がけで安全に行ってきてください。」
とコメントを頂きましたが
ほんと、反省するばかりです。

この日は食事の後、日本酒を飲んで直ぐに就寝
7:00には消灯でした。

夜トイレに行きたくて11:30に起きて
外に出たらまだ強い風。
急に4人のパーティーの事が気になり始め
寒気もあり2時まで寝れませんでした。

反省と後悔の一日でした。。。





南アルプス1日目

前回、「いきなり」でアップしてますが、
この後、実は間違って無かった事が判明

地図では道はほぼ真直ぐなのに実際はクネクネしていて
違うんだから不安に成ります。

で、地図を見ると側に女沢峠というのがほぼ同じ様に
クネクネした道,てっきり間違えた思い込んでしまい
30分ほど下ってしまいました.。


でも、まっすぐな一本道
間違えて曲がったりはしてないハズ・・などと思い直し

また登りかえし
(><;

そんなこんなしてたら
TJARの練習帰りなのかな?
ちょうどイースト・ウィンド風のトレイルランナーに遭遇
聞くとやはりこの道で間違いなかった。
助かった~誰だろう?ありがとうございました。

市ノ瀬へは思った以上に遠く
10kg背負っての峠越えも結構足にきました。

それと大きな誤算がもう一つ
3時半に着いた時には
食事を出来るところも無く
コンビニも無く、そのまま取り付かなくてはいけませんでした。

持って行った食事は
アルファ米&スープが2個
ラーメン1個
パワージェル&アミノバイタルが6個
塩タブ10個
ムサシのニー4本
ドリップ式コーヒー3個

コンビニではパンや餅、チョコレート、バナナなど買う予定でしたが・・

R0012046.jpg
15:50
ここが市ノ瀬から仙丈岳に向かう橋

朝ご飯におにぎり3個食べただけだったので
既にバテ気味
R0012047.jpg
地蔵尾根の取り付き
大事にしたかった食事だけど
ココでバテてもしかたないので取り合えずラーメン
R0012048.jpg
あっ!箸、忘れてました・・(^^;
R0012052.jpg
5:17
トレイルの出だしはこんな感じ
距離は既に34km
R0012053_convert_20090720180143.jpg
ストックのお陰で順調に進みます。
R0012058.jpg

7:00
日没後はこんな感じです。
ピンクのテープのお陰で迷わないで進めました。

7:45
前日から1時間しか寝てなかったし、暗いしガスも出てきました。
迷ってもしかたないのでそろそろビバークかなぁと思ったらなんとが・・

樹林帯と言えど雷はどこにでも落ちます。
高尾山で経験済み
そろそろ松峰小屋があるハズなので今日は逃げ込む事にしました。

8:00
ルートから100m下った松峰小屋に到着
無人小屋です。もちろん1人だけ

R0012066.jpg
ムサシ・ニーとおこわご飯とスープ

R0012067.jpg

蜂か?と思ったら蟻でした。デカッ!

9:20
シェラフ&シェラフカバーで就寝

本日は43km

続きは明日・・

下山しました。

二日とも山小屋に逃げ込み、コースも熊ノ平小屋手前まで…
今回は、本当に辛かった場面がありました。
反省しました。

今はバスの中です。後ほどレポします。

いきなり

20090718134128
道間違えて戻ってるところ…トホホ
1時間半遅れ

天竜川

20090718113220
微妙な天気で時々小雨です。
市ノ瀬に向かってます。

週末

駒ヶ根は週末天気悪そうです。
でもって今日は雷注意報が出てったり・・

明日予報が変わる事を祈ろう~

一昨日,LEKIのストック買いました。
ツェルトのポールとしても使えるしカーボン製だけど・・・雷落ちないよね!ね!(><;

最悪、市ノ瀬から地蔵尾根だけでも行く価値はあるか!


大変恐縮ですが・・・お休みします。

また休むの!とおこられてもしかたがないのですが
今週末土曜日は酒仙堂をお休みします。

予定しては無かったのですが、よく考えると来年も含め今週末しかくらいしか機会がないので
南アルプスへTJARのコースを走りに行ってきます。

悪天の場合無理はしませんが・・
おそらく昨年の北アルプス(73km)よりハードになりそうです。
http://xman.blog58.fc2.com/blog-entry-442.html
http://xman.blog58.fc2.com/blog-entry-443.html

土曜日に移動して仙丈ヶ岳と聖岳付近でビバーク予定
残りは頑張れるところまで

練習不足で不安ですが出来る限りの事はやろうとおもってます。



あ~書いちゃった!





一人旅

今日は4時間睡眠で朝7時起床。
電車に飛び乗り武蔵五日市まで

ハセツネコース後半を走った。
本当は西原峠~ゴールまでの予定だったけど
何と不覚にも駅のコンビニがリニューアルのためお休み・・・(@0@;
パワージェルしか持ってなかったので「こりゃ~もたん」と思い変更
都民の森で、あんぱん2個と磯辺焼きを購入
当然、朝ご飯も食べてなかったのでその場で磯辺焼きを食べて
鞘口峠まで上がりスタート
今日のトレイルのコンディションは最高~!でした。

R0012014_convert_20090712195451.jpg

草木の緑のスゴくいい香りがする中、鳥や虫の鳴き声を聴きながらの
トレランは気分も最高でした。

先週の鬱憤も飛んでいきました!(アハハハ・・)
R0012016.jpg
自分の走ってるところの写真・・・難しいなぁ

R0012025_convert_20090712200858.jpg

3時間半ほどで御岳山へ到着
時間があるので予定変更~
そう、気ままな一人旅です。。

そして、つるつる温泉へ
R0012028.jpg
4時間ジャスト
汗びっしょりだったけど温泉入って
交代浴でスッキリ!

その後電車に乗り携帯を見ると
甥っ子から連絡が
「長崎大島トライアスロン大会で優勝した!」
との事。(キッズですよ!)

おめでとう~
写真撮ってないんだってさ(^^;

「来年はお出でよ!」だって

んんん...出てみようかな(^^;

しかし、隔世遺伝ってやつですかね!
親父の兄弟みんな速かったもんなぁ~
でもってその孫たちも佐賀代表で国体出てるし
でも残念ながら樋渡姓はアタシだけなのです。。。



チャレンジ

相方の奥久慈トレイルレースの戦利品

大久保農園のお米
R0012005.jpg


このおいしそうなお米、2006年最優秀賞受賞のお米ででした。(@o@)
ならば、折角なのでと土鍋で炊いてみよう!と
R0012006.jpg
炊いてみたけど・・

R0012007.jpg
焦げちゃいました。(><;

R0012008.jpg

でもこれがまた美味しかった~
(ちょっと焦げ臭かったけど・・・)

明日もう一度チャレンジしよう!

未だ筋肉痛~

月曜はスイムの後、交代浴でスッキリ

火曜日は、四谷の呉竹学園
毎週スポーツ鍼灸に通ってます。
コンディショニングやレース前後の疲労回復にはお薦めです
とはいっても自分でのケアが大事。
最近は交代浴で疲労回復、足の浮腫みとりしてますが
今回は思ってた以上にボロボロ
やっと浮腫みがとれたけど、まだ足腰ガタガタです。

今日も足首周りと四頭筋に疲労が残ってて走れそうにないので
ストレッチと軽いスイム・・&交代浴かな

R0012004.jpg
毎週火曜日は四谷の「こうや」でワンタン麺かこの湯麺!
うまいっす!

iwebはじめました。

今日はリンクを整理して、志賀高原トレイル50kの写真をiwebにて掲載してみました。

X-man & Mimi's Site
http://web.me.com/hiwatashi/X-man_%26_Mimis_site/Welcome.html

とりあえずこれでいいのかな・・?

まぁ~これから色々と頑張ってみます!

リンク張らせて頂いた皆さん、今後とよろしくお願いします。

そして今日から相方(嫁さん)は出張です。

何と5週間!(@@;

週末は山で過ごそうかな~

R0012002_convert_20090707125503.jpg
ドロドロ~お疲れさんでした。



志賀高原トレイル50k報告

8時間7分ゴールしました。

やはり練習不足&睡眠不足のレースは辛かったです。。。

おまけに走るより歩く時間の方が多く
(不調もあるのですが・・・)
薮、虫の大群、泥濘のアップダウン、ゲレンデ登山を繰り返し

「もうこんなとこ歩きたくもね~」

途中『ブチッ!』っとキレてしまいました。

最後は疲労と眠気で

嫁さんも約9時間でゴール。
相当疲れてみたいだけど
お友達にもいっぱい会えたみたいで、それ也に楽しんで
ました。
R0011987.jpg

レース後の写真は後ほど・・


スタート前

20090705054525
晴れてよかった~

志賀高原

20090704203456
今日はお休み頂いて、志賀高原へ
明日は夫婦で志賀高原トレイルレース50k。
今回は全く練習してないので、これが練習~ってな感じ。
今日、久しぶりに軽くトレイルを走ったらキッツゥ~
写真はゴール地点でありエキスポ会場
明日無事にココに戻ってこれるだろうか‥

その後

ブヨ話しの続きです...

刺されたところ数えたら両足で45カ所!ぎょぎょぎょでした。

昨日、患部の熱とカユミが治まったのでサウナ&水風呂で浮腫み取り

やっとスッキリなりました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。